• HOME
  • 未分類
  • 子作りだけにとらわれない!〜妊活中のSEX〜

子作りだけにとらわれない!〜妊活中のSEX〜

未分類

妊活中のSEXはどうしても作業化しがち。
妊活のプレッシャーから本来必要のない焦りや義務感が加わって男性が萎えてしまったり、最悪レスに陥ってしまうこともあります。
ストレスのない妊活を送るためには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか。

NGワードに注意する

妊活中にどうしても避けて通れないのが、排卵日に合わせたSEXです。
とは言え、排卵日だからSEXしなくちゃという考えは、気持ちが盛り上がりません。
そこで、「排卵日」という言葉は敢えて封印してみるようにしましょう。
「排卵日だから」と誘われても、なかなか興奮しないのが男性の本音です。
普段からSEX以外のスキンシップをはかり、夫の興奮ポイントを知っておくのも良いでしょう。
そうなると、当然排卵日以外にもSEXをすることになります。
実はこれは、SEXを作業化しないためには、大切なことです。
排卵日以外にもSEXをすれば、SEXを妊娠のための作業と捉えないで、純粋に楽しめるはずです。
そう、SEXを楽しめることが、妊活生活には必要不可欠なのです。

SEXを楽しむ工夫をする

妊活中もSEXを楽しみ続けるためには、やはり工夫が必要です。
例えば新しい下着をつけてみるのも、ベタですがオススメです。
買うときに、夫と一緒に選ぶのも良いですね。
自分では選ばない色やデザインなら、新しい刺激になるかもしれません。

刺激と言えば、アロマを焚いてみるのも効果がありますよ。
催淫効果のあるアロマを焚けば、自然に興奮が高まり、満たされたSEXが出来るかもしれません。
とは言え、あまりに気合の入った準備をしすぎると、そのことがプレッシャーの原因となってしまうので、注意が必要です。
夫好みではないセクシー過ぎる下着を選んでしまったり、夫が苦手な香りを選んでしまうと、逆効果です。
あくまで自然な、ちょっとした工夫をすると、心得ておいてくださいね。

夫を気遣うことを忘れない

子供が欲しい気持ちは同じはずなのに、少しのことで温度差が生まれてしまうのは、よくあることです。
特に男性が萎えてしまうことが多いのには、妻からの「求めすぎ」に原因があると考えられます。
夫が疲れているのを無視して、やる気満々で下着を脱がれても、萎えるだけ。
恥じらいはどこへ?と、女性として見れなくなるきっかけになりかねません。
断られた時に「子供が欲しくないの?」と責めるような言葉かけをするのも、絶対にやめましょう。
SEXの本来の目的は、妊娠ではないはずです。愛情を深めるためのSEXのはずなのに、回数を重ねる毎に愛が冷めていく……。それでは元も子もありませんね。
月に一度の排卵日だからという気持ちは大いにわかりますが、ぐっとこらえて気遣うことで、夫婦の絆は深まるのです。

女でいることにこだわる

結婚して一緒に生活していると、今まで見えなかった素の自分も相手に見せることになります。
パートナーの小さなクセに気がついたり、初めてオナラを聞いたなんて話も、よく耳にします。
始めは新鮮だったそんなことも、慣れてくると鼻に付いてくるものです。
家の中でもずっと気を張っている必要はありませんが、油断しきっているなら要注意です。
がさつになっていることはありませんか?
家の中だからとあまり気を抜かずに、少し見直してみましょう。
いつまでも魅力的に感じてもらえるよう努力し続けることは、お互いに大切なことなのです。

いかがでしたか?
当てはまることがあって、ちょっとドキッとした人もいるかもしれませんね。
妊活中はどうしてもナーバスな状態になりがちです。
だからこそSEXで愛情を深め合い、夫婦としての揺るぎない絆を築いていってくださいね。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

あなたと国産オーガニックをつなぐ架け橋に─
仕事や育児など日々のストレス、 ライフスタイルの変化などでちょっぴり疲れた方へ。
心と体に良い国産オーガニックでほっと一息ついてほしい。
You&Organicでは、ホッと安心できる情報やひとりで抱え込んでいる悩みごとの解決を手伝える以下の内容をお届けします。
ABOUT