オーガニックコスメに使われる成分とは

BEAUTY

オーガニックコスメと一言で言っても、実はその成分にはかなりの差があることを知っていましたか?
今回は「本物の」オーガニックコスメを選ぶために、「本物の」オーガニックコスメに使われている成分についてご紹介します。

オーガニックコスメの定義はあるの?

オーガニックコスメと言えば、余計なものを使わず、安心で安全なイメージがありますよね。
「オーガニック」という言葉がつくだけで、農薬の影響がなく、肌に優しいと判断する人も多いはずです。
でも実際のところ日本では、オーガニックコスメの認定団体はあるものの、オーガニックフードのように統一された明確な基準なんて無いのです。
さらに言えば、それらの団体に認証されたオーガニックコスメであっても、全く合成成分を使っていないというわけでもないのです。
それなら、オーガニックコスメはいったい何を重視して選べば良いのでしょうか?

押さえておきたいポイントは大きく2つ

 1つ目は、オーガニックコスメを認定している団体の、詳しい基準を知ることです。
より厳しい基準をクリアしているオーガニックコスメなら、より安心であると言えますよね。
アメリカのUSDAオーガニックやドイツのデメター、日本の日本オーガニックコスメ協会(JOCA)は、合成成分の配合を一切認めていない認証団体です。
なので、これらの団体の認証を受けているオーガニックコスメは、「本物の」オーガニックコスメと言えるでしょう。
 2つ目は、あなた自身がオーガニックコスメに使われている成分を知り、自身で判断出来るようになることです。
そのためには、オーガニックコスメが具体的にどんな植物を原料としているのか、また、それらがどのような働きをしてくれるのかについて、きちんと学ぶ必要があるのです。

オーガニックコスメに使われる成分

オーガニックコスメには、天然由来の植物原料から作られた成分が含まれています。
植物原料は原材料名で表記されていますので、読めばイメージ出来るものが多いはずですよ。
例えて言うなら、リップの場合、バラの花エキスや花ロウなどを利用して作られています。
マスカラであれば、アイブライトやチャ葉などの植物エキス、ヒマシ油やシルクなどです。
ファンデーションにはマカダミアナッツのオイルやザクロエキス、ココナッツオイルなどが、コンシーラーには天然ミネラル色素やアボガド、シアなどが使われています。
こうやって見てみると、どれもわかりやすいですよね。
これらはオーガニックコスメの成分として欠かせないものばかりですから、覚えていても損はありませんよ!
もちろんこれらはほんの一例なので、それ以外のオーガニック成分もたくさんあります。

オーガニック成分の役割

化粧品に必要な役割はいくつかあります。
次は少し観点を変え、”オーガニック成分の役割”という視点で考えてみましょう。
化粧品を長持ちさせるための「防腐剤」として使われるのは、ローズマリーエキスやトコフェロール、グレープフルーツ種子エキス、天然ビタミンEなどです。
花ロウやスクワラン、みつろう、ココナッツオイル、アロエベラ葉エキス、オリーブオイル、パーム油などは潤い成分であり、「保湿剤」になります。
「色素」に使うのはクチナシや紅花、βカロチンやカカオ色素などです。
「香りづけ」として用いられるのは、ラベンダーオイルやローズオイル、カモミールオイルなどです。
これらの成分をうまく配合し、一切の化学成分の混入を認めない100%のオーガニックコスメもあります。
日本は天然成分100%オーガニックコスメ先進国で、それらは日本オーガニックコスメ協会の認定を受け、JOCAマークを取得しています。
ただ、それでも残念ながら100%のオーガニックコスメは、全体としては大変少ないのが現状なのです。
100%のオーガニックコスメを増やすためには、私たちがオーガニックコスメに対する知識をもっと得て、100%を基準に定める様に訴求していく必要があるのです。

肌本来のチカラを引き出し、肌トラブルのない美しい肌をキープし続けるためには、100%の、または、より100%に近いオーガニックコスメを利用するのがお勧めです。
オーガニックという言葉だけで判断せず、これからは認証マークや成分表示をしっかり確認してくださいね。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

あなたと国産オーガニックをつなぐ架け橋に─
仕事や育児など日々のストレス、 ライフスタイルの変化などでちょっぴり疲れた方へ。
心と体に良い国産オーガニックでほっと一息ついてほしい。
You&Organicでは、ホッと安心できる情報やひとりで抱え込んでいる悩みごとの解決を手伝える以下の内容をお届けします。
ABOUT