化粧品における動物実験

コスメ

私たちの日常に欠かせない化粧品。日本や海外など、多くの化粧品が存在しています。どのように作られ、わたしたち消費者の元に届けらているか知っていますか?実は、化粧品が私たちの元に届くまでに、多くの動物の命が犠牲になっているのです。

●なぜ動物実験が行われるの?

私たちの消費者が当たり前のように安心して使っている化粧品。私たちが安心して使えるまでには、商品を使用してもお肌に異常はでないのか、安心安全な商品であることを証明するために、実験が必要不可欠です。その実験台となるのがネズミやウサギなどの小動物です。その中でも最も多いのがネズミであり、実験台の9割とも言われています。

●どんな実験が行われているの?

皆さんは「ドレイズ試験」という言葉を聞いたことはありますか?これは、ウサギの目や皮膚に刺激性のある成分を点眼やあてることで毒性を確かめる実験方法のこと。ウサギは他の動物に比べ繁殖しやすく、また、泣かないという理由から実験の対象になっているのです。実験では刺激性のある成分を点眼されるのですから、それは人間と同じで苦しく痛いのは同じです。実験のために失明してしまう動物や実験動物のほとんどが安楽死という悲しい最後を迎えます。化粧品に限らず、医療品の開発などには犬や猫なども犠牲になっているのが現実です。

●日本と他国

日本では、今だに動物実験をしている企業が多くあります。そんな日本とは反対に、2013年、EUを始めとするヨーロッパ諸国ではすでに動物実験をした商品の販売を禁止するという法律が定められました。動物実験を規制する法律がない日本と問題に対しての向き合い方が違う事がわかります。実験台にされてしまった動物たちは、実験が終わると亡くなってしまったり、安楽死をさせられます。

このように人間のために多くの動物の命が犠牲になっているのです。彼らも私たちと変わらない命であり、大切な命です。ただ日本にはまだ動物実験を規制する法律がなく、動物実験に代わる開発実験方法が主流になっていないのが現実です。今私たちができる事は何か。それは、動物実験をせずに作られた商品を手に取ることが私たちができる一番身近な解決策ではないのかと思います。いつの日か動物実験がない未来を目指したいです。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

あなたと国産オーガニックをつなぐ架け橋に─
仕事や育児など日々のストレス、 ライフスタイルの変化などでちょっぴり疲れた方へ。
心と体に良い国産オーガニックでほっと一息ついてほしい。
You&Organicでは、ホッと安心できる情報やひとりで抱え込んでいる悩みごとの解決を手伝える以下の内容をお届けします。
ABOUT