JAPAN Organic 国産オーガニックをもっと身近に─ mayunowa

BEAUTY

国産オーガニックをもっと身近に、生活の一部として感じてもらいたい。日本国内のオーガニックに携わる方々や知識人へインタビューをして、素晴らしさを探るこの企画。今回は、合同会社mayunowa代表の横山結子さんにオーガニックの魅力について伺いました。

|「絹美容」との出会い

You&Organic編集部(以下Y&O編集部):横山さんが「絹美容」を開発されたきっかけを教えてください。

職業柄さまざまな化粧品を率先して試し、評価していく中で、突然全身に水でも染みるほどのアレルギー症状がおこり、美を提供するエステティシャンとして絶望の淵に立たされました。自分の肌に起きた事がわからない。メーカーさんやクリニックに聞いても全く改善はせず、「真の美、真の健康とは何か」を自身の肌を通して向き合い、探究していくこととなりました。「自分たちが美しくなるために選ぶものが、未来にどう影響していくのか」を突き詰めて考える中で、「肌そのものの美しさも、地球環境と人の体に棲む微生物の存在が大きく関係しているんだ」ということに気がつきました。その考えに背中を押してくれたのがシルク。古来より肌や人を美しく守るものとして選ばれてきた絹(シルク)ですが、現代では医療材料の研究として、細胞の培養や、身体に埋め込む材料としての研究がされていたのです。そして、そのシルクが作られる背景にも、「環境や微生物を無視した先に、人の健康や美しさには繋がらない」というメッセージが込められていました。こうして、これまで自分が追求してきた美容の世界から、シルクや常在菌、広くはオーガニックという考えをベースとし「美肌を育てるー作るー使うー廃棄する」といった一連の過程に関わる全ての人が責任と信頼が持続できる一連の過程に責任と信頼が持続できるメソッドを開発し伝えていこうと決意しました。

|「絹美容」とは

Y&O編集部:「絹美容」とはどのような美容法ですか?他の美容法と比べての特徴を教えてください。

絹美容では 「3つの美」のバランスへのアプローチを大切にしています。それら3つに共通するのが「オーガニックの軸ともなる、微生物との共存」地球は、微生物からなる集合体で、そこに住む私たち人の身体やお肌も、菌の多様性によって守られ維持されているということです。

アウタービューティー(皮膚の常在菌の多様性)

✖️

インナービューティー(腸内細菌の多様性)

✖️

サスティナビューティー(地球に棲む微生物の多様性)

現代では崩れてしまった3つのバランスを、オーガニックシルクを主体とした素材本来の力を引き出す形で、「肌の常在菌の棲みやすい環境を整え、潤える肌を取り戻す」こと、そして、それらに用いられる「“免疫力があがる手助けとなるもの”の選択」が、地球環境の循環にもつながり、持続可能な社会にも繋がると考えます。

|「絹美容」商品とは

Y&O編集部:「絹美容」の代表的なトリートメントやプロダクトの内容を教えてください

絹美容の考え方に沿ってつくられたmayunowa化粧品の大きな特徴は、ひとの肌と親和性の高い絹(シルク)を主体とし、①不要なものを取り去る、②適度な揺らぎを与える、③乱れた隙間を整える、④適切に水分・油分を補う、⑤肌表面を保護する、といった5つの工程全てにトレーサビリティのとれた天然素材・オーガニックの基準を満たす素材を用いているということです。つまり「人が本来持つ“肌を美しく健やかに保つ機能”を引きだし補うように組み立てられていること」が特徴で、美肌の鍵となる肌の最表面でバリア機能を担う角質層と、その上の常在菌叢を整えるリカバリーケアと名付けた工程が特徴となります。植物を育てる力を失った畑のように、何かを塗らないと乾燥してしまう不自然な環境となってしまった肌をどうやってリカバリーケアできるのか?オーガニックやエシカルの考え方を持続させる事が難しい様に、「現代社会の中で、肌機能とそこに棲む常在菌に負荷をかけない化粧品なんてない・・・」と諦めかけてた時、多種多様な生物や環境からなる生態系のバランスを崩さない材料の研究をしている研究者との出会いがあり、実現することができました。近年の研究では肌の常在菌叢が整うことで腸内フローラにも良い影響をもたらし、ひいては健康につながる、ということが分かってきてます。毎日使う化粧品を、丁寧に選択していくことで、肌に対する負担だけでなく地球環境の負荷まで減らす事ができる。そんな可能性を追求していければと考えています。https://mayunowa.co.jp/

日本絹美容協会とは

日本絹美容協会では、絹美容を開発する過程で出逢った日本の絹産業をはじめ、生態系を大切にする生産者や研究者、日本の素晴らしい伝統や豊かな自然を次世代へと繋げていけるように活動する方達の想いを組み込みながら、美容を通じ、日本の伝統産業である絹を生活の中に効果的かつ積極的に取り入れてもらうことにより、環境に負荷をかけることなく、人が健康で美しく輝けるサステナブル(永続的)な社会を実現する一助となり、また国連が主導する持続可能な開発(SDGs))へコミットした活動を目指してまいります。http://kinubiyou.org/index_qhm.php?

PROFILE

横山結子さん/日本絹美容協会代表理事・

合同会社mayunowa代表・絹美容®︎・肌癒学®︎開発者・化粧品の企画開発・製造

横浜市にて、肌改善に特化した専門サロンを開設。鎌倉のホテルにて、kinubiyou spaとして アメニティと施術の提供を開始。自身の肌やお客様の肌と心のゆらぎに向き合いながら本質的な美を探求しています。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

あなたと国産オーガニックをつなぐ架け橋に─
仕事や育児など日々のストレス、 ライフスタイルの変化などでちょっぴり疲れた方へ。
心と体に良い国産オーガニックでほっと一息ついてほしい。
You&Organicでは、ホッと安心できる情報やひとりで抱え込んでいる悩みごとの解決を手伝える以下の内容をお届けします。
ABOUT