日焼けしたときに良い成分は何?

スキンケア

うっかり日焼けしてしまった後は、素早い適切なケアが大切です。
肌にダメージを残さないために役に立つ、オーガニック成分をご紹介します!

◆メラニンの生成を抑えてくれるオーガニック成分

○カミツレ(カモミール)
リラックス効果もあるカミツレは、不眠症やストレス解消にも役立ちます。
また、糖化を防ぐ効能にも注目されています。

○カンゾウ
代謝を円滑にし、神経を安定させる作用があります。
さらに疲労回復効果もあり、漢方薬としても重宝されています。

○ドクダミ
利尿作用や解熱、解毒の効果があるとされています。
繁殖力が強く、道端などでも咲いているのをよく見かけます。

○ソウハクヒ
漢方薬として、気管支炎や喘咳治療に使われています。
また、育毛剤としても効果があるとされています。

○ヘチマ
日本でも江戸時代から化粧水として使われているヘチマは、咳止めやむくみにも効くとされています。

これらは全て、メラニン色素を増やす酵素を抑える効果のある植物です。
日焼けによる肌のくすみやシミなどのダメージを抑えてくれます。
うっかり日焼けしてしまった時には、これらの成分が配合された化粧品で、しっかりケアしてあげましょう。

◆クールダウンしてくれるオーガニック成分

○ペパーミント
イライラをしずめて、心身をリラックスさせてくれます。
さらに精神安定化作用もありますので、神経症などにも利用されています。

○アロエ
食用としても人気のあるアロエは、抗菌作用や血行促進作用などもあり、傷薬としても利用されています。

○ハッカ(ミント)
殺菌効果や消臭効果、炎症鎮静効果、防虫効果など、生活に役立つたくさんの効能があります。

炎症を鎮める効果のある植物は、どれもスーッとした清涼感のあるもので、お馴染みですね。
これらの成分を配合した化粧水でパックをすれば、火照りを抑えることが出来ますよ。

◆ターンオーバーを促してくれるオーガニック成分

○ローズ
女性ホルモンのバランスを整えてくれるローズは、心身のリラックスにも役立ちます。
また、整腸効果や炎症を抑える効果もあるとされています。

○シコン
やけど、しっしん、かぶれなどに効くと昔から重宝されてきました。
近年になってアンチエイジングや白髪にも効果があると紹介され、人気を集めています。

○ニーム
インドではポピュラーな薬草で、万能薬とされています。
胃腸の調子を整えたり、発熱や糖尿病にも効くとされています。

○ローズヒップ
抗菌・抗ウイルス効果があり、古くから風邪薬にも用いられています。
消化促進や便秘解消効果もあり、女性に嬉しい効能ガたくさんあります。

傷ついた肌をなるべく早く修復するためには、これらの成分配合のクリームでターンオーバーを促すのが効果的です。ターンオーバーが促進されれば、メラニンを溜め込まずにすみますよ。

◆オーガニック・スペシャルケア

肌の調子が気になる、セルフケアでは物足りない人にオススメなのが「ハーブピーリング」です。
ピーリングとは、肌の角質を剥がして、ターンオーバーを促す美容法です。
通常のピーリングは、薬剤により軽度の炎症反応を起こし、表皮再生を促進させます。
一方でハーブピーリングは、棘状成分を肌に浸透させ、 成長因子を深部まで導入することによって自然剥離を行います。
つまり肌自身のチカラを呼び起こし、角質が剥がれるのを助ける方法なのです。
天然植物を主成分としていますので、肌に負担の少ない新しいピーリングと言えます。
ハーブピーリングなら、通常28日周期のターンオーバーを3~5日という短時間に促進し、1度の施術で効果を実感出来ます。
また、肌の内面から強化することが出来るので、回数を重ねることでトラブルに負けない肌へと導いてくれます。

日焼け後のお肌の状態に合わせてオーガニック成分を選び、日焼けに負けない肌を手に入れてくださいね。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

あなたと国産オーガニックをつなぐ架け橋に─
仕事や育児など日々のストレス、 ライフスタイルの変化などでちょっぴり疲れた方へ。
心と体に良い国産オーガニックでほっと一息ついてほしい。
You&Organicでは、ホッと安心できる情報やひとりで抱え込んでいる悩みごとの解決を手伝える以下の内容をお届けします。
ABOUT