肌の悩み解決は洗顔から。肌質別洗顔法

BEAUTY

どれだけ高い化粧水、美容液を使っても、“自分にあった”洗顔をしていないと、美しい肌にはなかなか近づけません。肌にあう素材、肌質にあわせた洗顔法を行うことで、今よりもっとキレイを導く方法は?

| 洗顔後の肌で分かる相性

今、どういった洗顔をしていますか? 洗顔後肌がつっぱったり、乾燥したり、赤みがでるなど見られる場合は、今の洗顔剤、洗顔法が合っていない可能性があります。ただ汚れ落とせばいいというだけではありません。 健やかで美しい肌の作りの一歩となる洗顔。いまいち肌の調子が良くない、悩みが改善されていないと思うようであれば、一度洗顔を見直して見ましょう。

正しい洗顔とは……
・洗顔フォームの場合、良く泡立てた泡を、肌の上で優しく転がすように
NG 指に力を入れすぎてゴシゴシ洗いは肌を傷つけます
・人肌のぬるめのお湯で優しく洗い流す
NG シャワーをそのまま洗い流すことは、肌に摩擦を与えることも

| 肌質別洗顔例

カサつき、肌に粉っぽさを感じる、乾燥肌
→ミルク洗顔や保湿成分が配合された洗顔剤を選択。
Tゾーンはテカるのに、フェイスラインが乾燥する混合肌
→洗浄力が強すぎない洗顔剤で、汚れのたまりやすいところだけしっかり洗う。
気がつくと、テカテカ肌になる脂性肌
→水分不足からくるテカリの場合、保湿成分が配合された洗顔で、丁寧に洗い、年齢が若い場合は、固形石鹸など洗浄力が高めのものを。
少しの刺激で、すぐに肌がひりつく敏感肌
→肌に少しでも違和感がある成分不使用のものを選択。

すべてに言えることは、ゴシゴシと擦り洗いをしないこと、タオルで拭くときも同じです。忙しいとついつい丁寧さを忘れてしまいがちですが、自分の大切な肌は優しくケアしましょう。

そして、いまいち肌の元気がない時は、自分が育った地域の素材、親しみのある素材が配合され洗顔を試してみることもおすすめです。

最近の記事

ABOUT

あなたと国産オーガニックをつなぐ架け橋に─
仕事や育児など日々のストレス、 ライフスタイルの変化などでちょっぴり疲れた方へ。
心と体に良い国産オーガニックでほっと一息ついてほしい。
You&Organicでは、ホッと安心できる情報やひとりで抱え込んでいる悩みごとの解決を手伝える以下の内容をお届けします。
ABOUT