JAPAN Organic 国産オーガニックをもっと身近に─「南国にしがわ農園」

JAPAN Organic

国産オーガニックをもっと身近に、生活の一部として感じてもらいたい。日本国内のオーガニックに携わる方々や知識人へインタビューをして、素晴らしさを探るこの企画。今回は、一般社団エンジェルガーデン南国・アフロディテ事業部ゼネラルマネージャーの西川きよさんに、オーガニックの魅力について伺いました。

|オーガニックとの出会い

You&Organic編集部(以下Y&O編集部): 西川さんがオーガニックに出会ったきっかけはなんですか?

長男が生後直ぐアトピー性皮膚炎と診断され、それまでの衣食住すべての生活を見直すこととなり、人にも自然にも優しい暮らしの大切さに気づきました。自分自身も幼い頃から敏感肌で悩んでいたこともあり、1999年より化学物質をつかわないスキンケア商品を開発し、製造販売を始めました。身体に良い本物を探求し続けるうち、インナービューティーの大切さも痛感していたところ、ダイエットに成功し高脂血症を克服したある看護師長さんのおかげで高知県産グァバと出会 いました。2011年より自ら栽培したグァバを、高知大学にて機能性の試験をした結果「自家栽培グァバ茶は、市販のトクホ飲料や健康茶に比べて、糖質や脂質の吸収抑制の活性が高く、ポリフェノール含量も高い」ことがわかりました。さらに、その実験の過程でグァバエキスがメラニンの生成を抑制し美白作用(チロシナーゼ活性阻害)および抗酸化作用(抗シワ、たるみ)が優れていることが明らかとなりオーガニックの力に驚かされ、2014年「天海のしずくオーガニック」スキンケアを開発しました。

|オーガニックの魅力

Y&O編集部:オーガニックの魅力とは何だと思いますか?

南国育ちのグァバは、日照時間が日本一長いといわれている高知県で1978年頃から品種改良されることなく栽培され漢方薬として用いられるなど貴重な植物として人々に愛されてきました。土づくり種選びからこだわり自らの手でグァバの栽培に挑戦しましたが、害虫被害に悩まされ、思いついたのが圃場にちいさな水場をつくることでした。それにより、カエルやテントウムシなど多種多様な生物や植物が自然のままに息づく環境になりました。こうして自然生態系の維持活動も取
り入れながら、農薬や除草剤を一切使わなくても害虫は自然に減ってきました。2010年より高知大学と協力して、栽培方法や生産国によるグァバの効果効能の違いを比較しました。グァバエキスの機能性と安全性も科学的に証明でき、2014年に「高知県産グァバ茶のα-アミ
ラーゼおよびチロシナーゼ活性阻害と抗酸化活性」、2015年に「グァバ葉のスキンケア化粧品素材としての機能性」について日本農芸化学会で発表、国産(高知県)グァバの優位性が広く認知されました。国産の自然栽培の植物には、人々が健康に生きていくための大きな力を秘めていると実感しています。

| オーガニックの展望

Y&O編集部:今後、日本にオーガニックがさらに浸透していくためには何が必要だとお考えですか?

化粧品メーカーの中には、天然成分100%で素晴らしい国産オーガニックコスメを製造されている会社もあります。消費者の方々には、流行りではなく本物を見抜く眼を養って頂きたいと思っています。また、商品を販売する企業やその周りの関係者様が、オーガニックとその他の商品の異なりを周知する活動を続けて行くことがとても大切だと思っています。私たちのように、利益最優先ではなく消費者の立場に立って、自分自身が毎日使いたい高品質なものづくりを貫いてゆく企業が多くなれば、業界全体も良くなり未来の展望も良くなると信じています。

「南国にしがわ農園」とは

高知県の有機JAS認証「南国にしがわ農園」にて農薬や肥料、除草剤など一切使用せず、自分たちだけで在来種グァバやヘチマを自然栽培し、グァバ葉から「有機土佐國グァバ茶」、果実から「有機グァバ果実ピューレ」、そして2014年よりグァバやヘチマエキスを使った天然成分100%で、全植物成分中のオーガニック配合率92%以上という極めて純度の高い「天海のしずくオーガニック(第30回高知県地場産業大賞奨励賞受賞)」化粧品を開発・販売しています。自社インターネットサイトやオーガニック専門店にて、ご愛用者のみな様方からのレビューやご感想は、主原料であるグァバを、刈り取り、洗浄、天日干し、焙煎などすべてを手作業で行っている障がい者といわれている14名の方々の誇りや、やりがいとなっております(農福連携)。
グァバは自生力が強く、農薬や肥料を使わなくても育つ持続可能な植物で、人々が健康的に生きていくための大いなる力を秘めています。自家栽培のグァバの機能性特徴を活かし、高品質なものづくりを通して、人と地球環境をもっと豊かにすることが私達の使命です。
https://www.nishigawa-nouen.com/

PROFILE

西川きよさん/一般社団法人エンジェルガーデン南国 アフロディテ事業部ゼネラルマネージャー

高知県生まれ高知県在住。自分自身の化学物質過敏症の特性を生かし、1999年に化学物質不使用の化粧品メーカーを設立。2011年、有機JAS認証の自家農園を開園。現在は夫が代表理事を務める障がい者就労支援施設にて、高知大学などで自家農園産のグァバを研究し学会発表するなど機能性を活かした商品開発を担当。また都内を中心に「有機土佐國グァバ茶」の試飲会や「天海のしずくオーガニック」を使ったハンドマッサージ体験会を通じて国産オーガニックの普及活動を行っている。農林水産省農業女子PJ。



ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

あなたと国産オーガニックをつなぐ架け橋に─
仕事や育児など日々のストレス、 ライフスタイルの変化などでちょっぴり疲れた方へ。
心と体に良い国産オーガニックでほっと一息ついてほしい。
You&Organicでは、ホッと安心できる情報やひとりで抱え込んでいる悩みごとの解決を手伝える以下の内容をお届けします。
ABOUT