JAPAN Organic 国産オーガニックをもっと身近に─ORGANIC MOTHER LIFE

JAPAN Organic

国産オーガニックをもっと身近に、生活の一部として感じてもらいたい。日本国内のオーガニックに携わる方々や知識人へインタビューをして、素晴らしさを探るこの企画。今回は、Organic Mother Life代表の坂田まことさんに、オーガニックの魅力について伺いました。

|オーガニックコスメの魅力

You&Organic編集部(以下Y&O編集部):オーガニックコスメの魅力とは何だと思いますか?

石油系化粧品の負担は人体だけでなく、環境、未来にも大きく影響します。 生分解しない石油合成成分を大量に使用する美容サロンを知っているからこそ、私はその業界にいた責任として、サロンから、そして個人からも意識を変えていってほしいと感じました。まずは石油系化粧品がもたらす深刻な健康被害を知ってほしいと思い、ORGANIC MOTHER LIFE というブログから啓発活動を始めました。肌の上に住んでいる「常在菌」は、石油合成成分を分解する事も、消費する事もできません。つまり、メイクも洗顔もスキンケアも全て本来は洗い流さなければいけないという事。それは肌の本来のバリア機能に大きな負担を与え続けるからです。しかし、オーガニックコスメの成分は天然・植物成分100%で製造されているものが主なため、塗った際に人体的にも環境的にも負担はありませんし、スキンケアの合う合わないはあったとしても、健康を阻害する事も少なく、安心して使用を継続できるところが魅力です。それ以上に、様々な栄養成分が肌の角質層へ補給され、肌の組織と類似した成分を塗布することで、肌がより健康的になることを期待できます。自分の素肌を健康から遠ざけてまで、綺麗を優先したい人なんて、本当はいません。そう気づけたことが、私の物語の始まりでした。

|日本のオーガニックの魅力

Y&O編集部:特に国産のオーガニックの魅力とは何だと思いますか?

日本には食の習慣の中で「地産地消」「身土不二」という言葉があり、日本人は日本に生まれたものを消費する習慣を大切に感じています。 化粧品においても、食事と同じように毎日の日課ですよね。 作った人の事も、背景も、中身の成分もよく分からないまま使用するよりも「顔が見える消費」をしてほしい。そして、日本国内で同じ「日本人の肌のため」に丹精込めて考えて製造したものを使用した方が「日本人の肌荒れの癖」に合っていると思います。化粧水の塗り方も、クレンジングの方法も、海外と日本とでは異なります。気候も習慣も、肌の質も全く異なります。加えて、海外から届くコスメは、長時間輸送時のボイラーの温度で化粧品品質の劣化も危険視されます。日本に生まれたからこそ、その土地で生まれたものを使用する。それは日本のためにも、肌のためにも、理にかなっているからです。

| オーガニックの展望

Y&O編集部:今後、日本にオーガニックがさらに浸透していくためには何が必要だとお考えですか?

間違いなく「学び」だと思っています。だからこそ私たちは、無料で記事を書いて発信したり、お肌相談をラインから受け付けたり、エステ予約が無くても店頭でお肌のカウンセリングを受け付けたりと、草の根的な活動も惜しまず行っているのは、有料スクールに通えない人でも平等に「オーガニックスキンケア・コスメについて学ぶ権利がある」と考えているからです。身近な人や自身の肌で悩んだ時は、気兼ねなくご相談いただきたい。まるで薬局のように気軽に家族で行ける場所であってほしい。ORGANIC MOTHER LIFEは今後大きなグループを形成し、全国・世界へと展開していきます。「学び」と「癒し」を与えられる自然派美容薬局が全国に広がっていけば、オーガニックコスメが美容面だけでなく〈予防美容〉という分野で全国の若い女性やお母さん、子供達にまで広がっていきます。 日本のオーガニックコスメが一過性のムーブメントだけで終わらないように。学校や病院・薬局など、人々の生活に身近な機関が意識を変えていくことを祈って活動していきます。

ORGANIC MOTHER LIFEとは

私たちORGANIC MOTHER LIFE productは「ファンデーションを卒業する」をテーマに、素肌のコンプレックスと向き合い、改善し、ファンデーションに依存しなくても女性が笑顔でいられるように企画・開発をいたしました。人参と木苺生まれのサンケアスキンセラムや、吉野本葛粉のアロールートフェイスパウダーは、「塗ったまま眠れる」ことがポイントです。サンケアスキンセラムは、昼も夜も〈日焼けケア美容液〉として日焼けによる酸化、糖化、炎症を予防し、成分を日々角質層に蓄積させていくイメージで塗っていきます。継続して塗り続けることで、日焼けによる酸化、糖化、炎症ダメージ(しみやしわの原因)を軽減してくれるはず。塗って洗い流すだけの排他的な紫外線吸収剤では、化学反応とクレンジングのダメージの方が、日差しのダメージより負担が大きいと考えられます。アロールートフェイスパウダーは、洗顔料を使用しなくてもお湯で流れるパウダーです。自然栽培の良質な吉野本葛粉を使用し、肌の水分と油分をキープしながらも、高品質なマイカや茶葉エキスが紫外線ダメージ(光老化)を軽減してくれます。素肌で安全に、自分らしく生きていきたい女性のために贈りたいと思っています。https://organic-mother-life.com/

PROFILE


坂田 まことさん/Organic Mother Life 代表/ Organic Beauty Therapist Association

19歳で母になり、子育てと両立しながら始めた「自宅サロン」と 10年書き続けた「オーガニックブログ」をきっかけにオーガニックエステ・コスメショップを立ち上げる。自身の肌疾患と闘いながら、同じように苦しむ女性たちに「ファンデーションを卒業するためのオーガニックスキンケア」を伝え続けてきた。現在は自由が丘に「植物薬屋」をテーマにしたサロンORGANIC MOTHER LIFE-Botanical House-/ORGANIC MOTHER LIFE – Ethical House -と鎌倉の隠れ家サロンにて、現役のセラピストとして勤務している。
施術者を続けながら女性や母親が社会で働きやすい環境作りを提案するために「セラピストスクール-COTTON HOUSE- 」も運営しており日々セラピスト育成に励んでいる。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

あなたと国産オーガニックをつなぐ架け橋に─
仕事や育児など日々のストレス、 ライフスタイルの変化などでちょっぴり疲れた方へ。
心と体に良い国産オーガニックでほっと一息ついてほしい。
You&Organicでは、ホッと安心できる情報やひとりで抱え込んでいる悩みごとの解決を手伝える以下の内容をお届けします。
ABOUT