JAPAN Organic 国産オーガニックをもっと身近に─オリエンステラ

JAPAN Organic

国産オーガニックをもっと身近に、生活の一部として感じてもらいたい。
日本国内のオーガニックに携わるプロダクトの方々や知識人へインタビューをして、素晴らしさを探るこの企画。今回は、 エシカルビューティー株式会社代表取締役 であり、 一般社団法人エシカルビューティー協会代表理事 も勤める佐藤 公祥 さんに、国産オーガニックの魅力について伺いました。

エシカルビューティー株式会社代表取締役 佐藤 公祥さん

| オーガニックとの出会い

You&Organic編集部(以下Y&O編集部): 佐藤さんがオーガニックに出会ったきっかけはなんですか?

オーガニックとの出会いは遡ること16年ほど前に美容の仕事で海外へ行く機会が増えた頃にそこで目にした「オーガニックフード」が最初だったと思います。その頃まだ日本では健康食ブームは「サプリメント」などの健康補助食品に移行しており、美容業界ではヘアケア製品は「シリコン」は良くないなどという概念はなく美容室ではいかに髪の仕上がりが良くなるか? が美容師の視点でした。そんな時に髪本来の健康や頭皮にとって本当に良いものは無いのだろうか? とオーガニックヘアケア製品を探したところ日本では全く存在しないということがわかりました。
であれば、そのような商品を作れないかと考えたのが最初のきっかけです。

| 国産オーガニックの魅力とは?

Y&O編集部: 佐藤さんが思う日本のオーガニックの魅力とは

そして先ずは日本ではなかったオーガニックヘアケア製品ですが、海外製品を入手し、色んな製品を使いましたがシャンプーは洗えば髪がギシギシに、コンディショナーはつけているかどうかもわからないほどの使用感でとてもその時の日本人の髪には合わないものばかりでした。それならばということで意を決して取り掛かったのが『オリエンステラ』でした。
原料にこだわり、その使用感やモコモコの泡立ち、洗い流した時の指通り、そしてノンシリコンで挑戦したコンディショナーの使用感と仕上がりは海外製品では出せないパフォーマンスを実現できたのです。
そこにはやはり、日本の環境や髪質を理解した処方を組んでくれた開発者の努力やその商品ができるまでに繊細な部分にまでこだわった美容師達の思いがたくさん詰まっていたと実感しています。

| 今後のオーガニックの展望

Y&O編集部: これから日本でのオーガニックに対する意識、そして希望などもあれば教えてください

現在、日本では食品を除きそのほとんどがオーガニック基準がないのが現状です。海外ではヨーロッパを台頭に多くの認証機関があり、その認証を受けることでどのようなクオリティーでどのくらい安心して使えるのかがハッキリと分かります。 日本でも昔からオーガニックはありますがごく一部の人たちの間でしか消費されてこなかったこともありまだまだ消費量は少ないです。 食品でも流通が少ないオーガニックですからもちろん国産オーガニック原料を使用したヘアケア製品が少ないのもわかります。
今後はもっともっと国内のオーガニック農園が増え、それにより原料コストが下がればもっと多くの方々に購入しやすい金額で製品を提供することも可能となります。現在、国連が掲げたSDGsを良いきっかけに国内でのオーガニックの生産が増える事を期待し、協力する活動をしていきたいと思います。

オーガニックブランド「ORIENS’TELLA(オリエンステラ)」

問い合わせ先/ORIENS’TELLA
http://orienstella.jp/?mode=grp&gid=1289549


POFILE
佐藤公祥さん/エシカルビューティー株式会社代表取締役、一般社団法人エシカルビューティー協会代表理事
  株式会社田谷にてTAYAブランドデイレクター兼社長室にて商品開発責任者として従事。 その後、トータルビューティーを主体とした180坪のリゾートサロン「se relaxer」を横浜馬車道にてオープンし美容メーカー商品開発や技術開発をプロデュース。 現在は美容業界にてエシカルビュティーを広げる活動と日本初エコサートコスモスオーガニック認証を取得したヘアケアブランド「オリエンステラ」を国内外にて展開中。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

あなたと国産オーガニックをつなぐ架け橋に─
仕事や育児など日々のストレス、 ライフスタイルの変化などでちょっぴり疲れた方へ。
心と体に良い国産オーガニックでほっと一息ついてほしい。
You&Organicでは、ホッと安心できる情報やひとりで抱え込んでいる悩みごとの解決を手伝える以下の内容をお届けします。
ABOUT