JAPAN Organic 国産オーガニックをもっと身近に─ヨモギーナ

JAPAN Organic

国産オーガニックをもっと身近に、生活の一部として感じてもらいたい。
日本国内のオーガニックに携わる方々や知識人へインタビューをして、素晴らしさを探るこの企画。今回は、体を温め、本来の体調を取り戻すよう促す”よもぎ蒸し”「ヨモギーナ」を展開するよもぎ温熱セラピー協会 代表理事の谷 真由美さんに、国産オーガニックの魅力について伺いました。

一般社団法人 よもぎ温熱セラピー協会 代表理事の谷 真由美さん

オーガニックとの出会い

You&Organic編集部(以下Y&O編集部): 谷さんがオーガニックに出会ったきっかけはなんですか?

20歳を過ぎて、突然目の周りにアトピーが発症しました。ステロイドの副作用もまだ言われていないころ、薬の限界を体験から感じ、自然由来で治そうとアロマやハーブについて学び始めました。
肌に合わない化粧品があることから、化粧品についても調べるうちに、使用されている合成界面活性剤や、保存料、香料などの事を知り、安心して使える化粧品を探し始めたことがきっかけです。
そのことを私と同じ悩みを持つ方へ伝えたい想いで、エステサロンを23年前に開店しました。

国産オーガニックの魅力とは?

Y&O編集部: 谷さんが思う日本のオーガニックの魅力とは

より安全で安心の商品を生産するためには、生産地を訪れて確認し、生産者さんと直接打ち合せることが必要です。日本の生産者様となら信頼関係も作りやすく、フレッシュな原料で製造出来ることががメリットだと思います。
身土不二(人間の身体と土地は切り離せない関係にあるということ。その土地でその季節にとれたものを食べるのが健康に良い)の考え方からも国産のものを摂るようにするのが良いことだと考えています。

日本のオーガニックの展望

Y&O編集部: これから日本でのオーガニックに対する意識、そして希望などもあれば教えてください

若い人の製造業離れ、オーガニック商品の生産者の高齢化等から、生産者の減少と技術の伝承が出来ないことへの不安があります。
オーガニック商品のニーズも、意識の違いや収入の格差で二極化すると思っています。 流行ではなく、本当のオーガニックに対する意識を広めることが、私たちが担うべきことだと感じています。
そんな中、若い方達のなかで田舎暮らしや時給自足をする人たちが少しずつ増えていることは喜ばしく、応援していきたいと思います。

オーガニックブランド「ヨモギーナ」とは

yomoginaブランドは女性の大切なところのケアするために必要な商品を取り揃えており、 よもぎの薬草効果に着目し、よもぎ蒸しセットはじめとする、よもぎ製品を製造販売しています。
おもなラインナップ
① よもぎ蒸しの椅子:国産ヒノキの無垢を材料に温めても化学物質が出ない製法
② よもぎ蒸しパック:よもぎのブランド伊吹山に自生したよもぎを使用
③ よもぎ蒸しなべ:有害ミネラルを含まない天然鉱石98%の土で焼いた鍋
④ よもぎ茶:霧島山麓に自生しているよもぎを使用
⑤ フェミニンオイル:女性ホルモンを整えるよもぎの効果で女性特有のお悩みにアプローチ
⑥ よもぎ温熱ソープ:昔ながらの釜だき製法でよもぎ成分をいれた石鹸
⑦ よもぎフローラルウォーター:アルプスの地下水でつくったよもぎの蒸留水
⑧ よもぎ粥:伊吹よもぎ、伊勢の二見の塩、無農薬玄米で作ったおかゆ
だれがどこでどの材料を使用し、どのように作っているかに拘り、原材料や製造工場は日本に限定しています。

yomogina よもぎがゆ (180g×5個) ¥3,250
問い合わせ先/一般社団法人 よもぎ温熱セラピー協会
http://www.onnetu-yomogi.com


PROFILE
谷 真由美 さん/有限会社邦 代表取締役
一般社団法人よもぎ温熱セラピー協会代表理事。 20代にアトピー発症を機に自然療法を学び、国産オーガニックに拘りを持つ。現在は薬草効果の高い拘りのよもぎ製品を企画、製造販売を通じて、女性の大切なところのケアアドバイザーとして各種勉強会なども行っている。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

あなたと国産オーガニックをつなぐ架け橋に─
仕事や育児など日々のストレス、 ライフスタイルの変化などでちょっぴり疲れた方へ。
心と体に良い国産オーガニックでほっと一息ついてほしい。
You&Organicでは、ホッと安心できる情報やひとりで抱え込んでいる悩みごとの解決を手伝える以下の内容をお届けします。
ABOUT