フェアトレードとは?

LIFESTYLE

皆さんは、このマークを見たことはありますか?

近年、耳にする機会のある「フェアトレード」。聞いたことはあるけど、それがどのようなものなので、誰のためのものか知っていますか?今回は、この「フェアトレード」についてご紹介したいと思います。

●フェアトレードって何?

フェアトレードとは、日本語に直訳すると、「公正な貿易」という意味。発展途上国などの製品を公正な価格で取引をする事で、貧困に苦しむ人々の生活を支援し、世界の貧困差をなくそうとする運動のこと。事実、発展途上国などでは公正な取引などが行われていない事が多いのです。

●なぜフェアトレードが始まったのか?

私たちの生活にとても重要な、食や衣服。それらのものが世界中から日本に輸入され、私たちの生活資源となっています。それらの物資のほとんどは、私たちの手に取りやすい価格でお店に並んでいると思います。では、どのようにしてそれが可能になっているのか。誰が作っているのでしょう。その裏には、アフリカ、アジアなど貧困な環境の中で働いている人々がいるのです。働いても、働いた分だけの正当な賃金がもらえずに苦しい生活を強いられている人々がいるのです。この問題を、解決し、世界の人々が平等に暮らしていくために「フェアトレード」が始まったのです。

フェアトレードの歴史には様々な説がありますが、一説では、1946年にメノナイト中央委員会という団体でボランティアをしていた女性がプエルトリコの貧しい女性たちのために彼女たちが作った商品をアメリカの教会で販売したことから始まったとされています。

●フェアトレードラベルって?

このマークは、フェアトレードラベルと呼ばれ、フェアトレードの基準を守った製品としてラベリングされているもの。オランダから始まったとされるラベル運動は、イギリス、ドイツへと広がり、1997年には各国で行われていた認証運動が国際フェアトレード認証機構(国際的な組織)により統一され管理されるようになりました。また、2002年以降では、フェアトレードのマークも一つに統一されました。*1そのため、このマークがついている商品は、発展途上国の生産者と平等な関係で取引がされているという証拠なのです。

悲しいことに、世界にはまだまだ貧困差があるのは事実です。その問題をどう良くしていくか、何をすれば良いかわからない人は意外と多いのではないでしょうか。一番は、自分が今できている暮らしに感謝すること。発展途上国で暮らす彼らがどういう生活を送っているのかという事実を知ること。買い物する時にマークのついた商品を意識しながら買い物すること。その一人一人の行動が世界中の人々が平等に幸せになる大きな鍵になるのではないかと思います。フェアトレードは、発展途上国の人々を支援することはもちろん、平等な世界、持続可能な世界を目標にしたとても重要なマークであり、活動なのです。

〜フェアトレード商品のご紹介〜

オーガニック&フェアトレードランチトートバック/オーガニックコットン100%、フェアトレードコットン100%で作られたランチトートバッグです。
しっかりした縫製で作られているので、サブバッグにはもちろん、買い物にエコバッグとしてもお使いください。荷物が少ない日にはメインバッグとしてもオススメです。https://www.fruitsroots.com/cosmetic/lunchtote/bag/

*1「これでわかるフェアトレードハンドブック世界を幸せにするしくみ」北澤肯 p23参照 

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

あなたと国産オーガニックをつなぐ架け橋に─
仕事や育児など日々のストレス、 ライフスタイルの変化などでちょっぴり疲れた方へ。
心と体に良い国産オーガニックでほっと一息ついてほしい。
You&Organicでは、ホッと安心できる情報やひとりで抱え込んでいる悩みごとの解決を手伝える以下の内容をお届けします。
ABOUT