• HOME
  • LIFESTYLE , 妊娠初期
  • 【妊娠悪阻を紛らわす】 オーガニック女子的オフィスワーカーがツワリ(悪阻)を乗り越えるための方法

【妊娠悪阻を紛らわす】 オーガニック女子的オフィスワーカーがツワリ(悪阻)を乗り越えるための方法

LIFESTYLE

妊娠して幸せな気分でいたのもつかの間、妊娠初期(~妊娠4か月目)は悪阻(ツワリ)に悩まされる方も少なくありません。今回は、悪阻を乗り越えながらオフィスワーカーとして働いていたオーガニック女子たちに、悪阻を乗り切ったおすすめアイテムを聞いた、悪阻をオーガニックで乗り越える方法をご紹介。

悪阻の症状

症状の差はかなりありますが、妊娠経験のある女性約8割が悪阻を経験するといわれています。(*コンビタウン調べ) さらに悪阻は個人差があり、1日中眠いと感じたり、吐き気、胸やけ、食欲不振、など。
さらに、仕事をしている女性からすると、妊娠初期であれば職場に伝えづらい時期と悪阻のピークが重なることが多くあります。ご自身の評価や周りに悪影響を与えてしまうのではないかと、ストレス要因になるケースも少なくありません。

ストレスの緩和は大切

少しでもストレスを緩和させるためには、信頼できる上長・同僚には話をしておくことも大切です。
安定期に入るまで職場の方に伝えるのを控えたい……という意見は多いと思いますが、悪阻等で体調に変化がある場合、我慢をしないで職場の上司・同僚には話を通しておくとベターです。その際、周りへの公表を控えたい場合は……
”悪阻の症状がひどいので、早いとは思うけれど共有をしている” 
”安定期を迎えたら、周囲への公表を考えている”という意思を伝えておくと良いでしょう。また、複数名に伝える場合は、〇〇さんと〇〇さんだけにお伝えしています、と伝えてあげると、相手も配慮しやすいのではないでしょうか。

悪阻は症状も多岐にわたり、個人差があります。パートナーや職場など周囲の理解も得て、できるだけストレスを溜めないようにすごしましょう。 悪阻を感じるということはすくすくと赤ちゃんが成長しているからこその症状とも言えます。長い道のりではありますが、悪阻の終わりは必ず来ますから、自分にぴったりの対策法を見つけ、上手に乗り切ってくださいね。

悪阻を乗り越えるために

日ごろから体に取り入れるものは十分に気遣っている女性たちだからこそ、妊娠中のケアグッツも特に気を遣っていたいですよね。
悪阻で日常生活や体調に大きく支障が出るようであれば、躊躇せず産婦人科医へ相談してください。

吐き気、胸やけ系が辛い時
■ローズヒップティー
妊娠初期から飲めるので重宝しました! お水を飲むことも辛かったのですが、これはマイルドで飲みやすく、水分補給に重宝しました。(30代女性・事務職)
■デトックスティー
フルーツの酸味が程よく、すっきり! (30歳・マーケティング職)
■ドライフルーツシリーズ
とにかく何か食べないと気持ち悪くなっていました。ドライフルーツは噛み応えがあり、満腹感が出たので重宝しました(30歳・マーケティング職)

眠気が強くつらい時
■柑橘系アロマ(オレンジ、レモン、ベルガモット等) オフィスでアロマをたくことは出来なかったので、毎朝小さなハンカチにオイルを染み込ませていました。眠くなった時、ハンカチを口元にあてると気分転換になりました(20代・事務職)

便秘時
■結わえる 寝かせ玄米 妊娠初期から便秘に悩んでいたのですが、寝かせ玄米を食べると、何故か必ずお通じがやってきました!出産後も手放せなくなりました(30代・コンサルタント職)
■有機オリゴ糖 友人に勧められて、毎朝ヨーグルトにかけて食べていました! (20代・事務職)


ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

あなたと国産オーガニックをつなぐ架け橋に─
仕事や育児など日々のストレス、 ライフスタイルの変化などでちょっぴり疲れた方へ。
心と体に良い国産オーガニックでほっと一息ついてほしい。
You&Organicでは、ホッと安心できる情報やひとりで抱え込んでいる悩みごとの解決を手伝える以下の内容をお届けします。
ABOUT