【妊活】子作りを意識したら何からはじめる?

LIFESTYLE

結婚もして、次は「子どもが欲しい」、「30代、年齢的にも子作りをはじめた方がいい? 」そろそろ妊活をはじめたいと意識したら、どんなことに気をつければいいのでしょうか。先輩ママたちに聞く、子作りを意識した時から変えた習慣をまとめました。

| 生活習慣

不規則な生活を改め、早寝早起き、暴飲暴食をやめて朝昼夕食べることをより意識するようになる方が多いようです。「睡眠」の質を気にして寝具を変えるなどする方も。 からだが冷えることによって、ホルモンンバランスが乱れ妊娠しにくくなることから、冷たい飲み物を控える、露出をしない、冷房対策を怠らない、バスタイムはシャワーだけでなく、お湯に入るなど、「冷え対策」もポイントのようです。ホルモンバランスや自律神経も乱れる原因となる、「ストレス対策」もしっかり行いましょう。
また、血流をよくするためにヨガやストレッチ、ウォーキングなどで「からだを動かす」こともおすすめ。激しすぎる運動はホルモンバランスの乱れにつながることもあるため、控えましょう。運動をしたら水分補給もお忘れなく。

| 食生活

食生活の乱れは、妊娠しにくいからだに。
「3食栄養バランスを考えて、からだに良い食事に変えた」という先輩ママ達は多いようです。 生活習慣の見直しでもあった、「からだを冷やさない」ということで、からだを温める食べ物や飲み物を取るようにしたり、添加物が入っていない「無農薬食品」を選んだりと、口に入れるものをオーガニックへ切り替えるきっかけになったとの声も。だからと言って無理に制限してしまうと、ストレスになることもあります。無理なく、息抜きもしながら、楽しいひとときを過ごすことも大切です。
妊活に良いとされる食材は、ブロッコリーやほうれん草、大豆製品などがありますが、食事だけではなかなか摂取しきれず、妊娠に必要な栄養素「葉酸」は、サプリメントで補う方も多いです。

◉ さいごに

基本的なことですが、「定期的に婦人科検診」へ行くようにすると何かあった時に早く対応できるほか、安心できます。また、「基礎体温」をつけたり、生理や排卵日の管理をしていくことはもちろん、「タイミング療法」を試した結果、授かったという方も多く、自己管理だけでは不安な方は、婦人科で相談してみましょう。
子作りは、ひとりだけの問題ではありません。ひとりで抱え込むことなく、パートナーと一緒に話し合う時間を持つようにすることが必要です。食事をはじめ生活環境をオーガニックをはじめ健康志向にする場合も相談をしてみて。旦那さんとの時間を大切に、気負うことなく妊活を楽しみましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

あなたと国産オーガニックをつなぐ架け橋に─
仕事や育児など日々のストレス、 ライフスタイルの変化などでちょっぴり疲れた方へ。
心と体に良い国産オーガニックでほっと一息ついてほしい。
You&Organicでは、ホッと安心できる情報やひとりで抱え込んでいる悩みごとの解決を手伝える以下の内容をお届けします。
ABOUT