JAPAN Organic 国産オーガニックをもっと身近に─ アロエのチカラ

JAPAN Organic

国産オーガニックをもっと身近に、生活の一部として感じてもらいたい。日本国内のオーガニックに携わる方々や知識人へインタビューをして、素晴らしさを探るこの企画。今回は、株式会社Organic Style JAPAN代表の鈴木順子さんに、国産オーガニックの魅力について伺いました。

|オーガニックとの出会い

You&Organic編集部(以下Y&O編集部):オーガニックとの出会い、また今のお仕事を始めたきっかけを教えてください。

ただ「キレイな肌になりたい」という思いから、雑誌やカウンターで情報を得てはコスメを選んでいたかつての私。肌が弱くアレルギー体質の肌にケミカルなコスメは合うはずもなく、皮膚科に通いながらのスキンケアでした。やがてステロイドのリバウンドと重度の肌疾患におそわれます。「なぜこんなにケアしているのに」という気持ちから、あらゆる角度から徹底的に調べました。大学の授業で真逆の化学を聴講したこともあります。自分の使っていた化粧品の成分に原因があることがわかり、やがて「オーガニックコスメ」に辿り着きました。コスメだけではなくライフスタイルも、オーガニックにシフトし、それが今の仕事につながっています。

|オーガニックの魅力

Y&O編集部:オーガニックの魅力、特に日本産のオーガニックの魅力は何か。

「オーガニック」には「つながり」という意味も含まれていて、オーガニックの植物が育つ大地、その大地の中に生きる生物や微生物、そしてそれらを取り囲む自然環境、すべての「つながり」が「オーガニック」であるともいえます。どれか1つではなく、バランスを保ちながらすべて繋がっているというところもオーガニックの大きな魅力だと感じます。日本に暮らしている場合、日本で育った植物を使うことが風土的にも効能的にもやはり合っていると思います。私は原料となる植物は直接農園に見に行くのですが、どんな環境で育ったか確認できるのはやはり日本産です。また、さまざまな背景から絶滅の危機にある日本の優れた伝統的植物や在来種に注目し、活用、再生できたらと考えています。かつての日本では、理にかなった植物の利用がされていました。たとえば藍染。藍で染められた藍染には抗菌効果や防虫効果、消臭効果、紫外線防止効果があり、衣服やのれんに使われていました。日本にはそういった知識を活かして使っていたものが多くあります。 技術が進んだ現代では廃れていっているものもありますが、そういった昔ながらのオーガニックも繋いでいけたらと思います。

| 日本のオーガニックの展望

Y&O編集部:今後の日本におけるオーガニックの展望をお聞かせください。

私がコスメやライフスタイルをオーガニックにシフトして10年が経ちました。その頃に比べても「オーガニック」はかなり浸透し、消費者の意識は高くなっていると思います。健康をキープしたい方に加え、環境問題の観点からもオーガニックを選ぶ方が少しずつ増えているようにも感じます。また化学成分によるアレルギーなどからオーガニックを選ぶ方もいます。「オーガニック」に注目が集まりつつあったとき、流行りのようにコスメや食品でも「オーガニック」というワードが乱用された時期がありました。そういったことからか「オーガニックは何となくあやしい」といわれたこともあります。オーガニックに関する正しい情報も少なく、曖昧さがあったからではないでしょうか。これからのオーガニックは流行などの一過性ではない「本物のオーガニック」商品が求められ、そういった商品が残っていくと考えます。本当のオーガニックの良さを体感した消費者や、自分や家族のためにオーガニックを選ぶ方が増えていると感じるからです。ファッションではなくライフスタイルとしてオーガニックを選びたい方のためにも、作る側、売る側は責任を持たなくてはいけないと強く感じます。

| 「アロエのチカラ」とは

「アロエのチカラ」は自分の肌トラブルの経験をもとに、辛さがわかるからこそ原料や製法にこだわって作った化粧水です。最終的に主原料は宮古島のアロエベラと沖縄のシマ月桃に辿り着きますが、原料を農園に行って探すところから作り始めました。ただいまアロエのチカラの新アイテムを開発中です。「和綿」シリーズは絶滅危機にある熊本県産の「和綿」を使って和綿ならではの風合いを活かして作っています。糸は明治時代から使われているガラ紡で紡ぎ、種まきから商品完成まで、ほぼ人の手で作っています。オーガニック原料を使うことは環境保全にもつながります。次世代へ少しでもいい環境をつなげたい、そんな思いもあり「完全オーガニック」にこだわって商品を作っています。

PROFILE

鈴木 順子さん/株式会社Organic Style JAPAN代表。重度の肌トラブルがきっかけでライフスタイルをオーガニックにシフトする。「自分の使うもので環境と人を守ることができる」という理念のもと会社を設立。自分の使うものを「選ぶ」という、自分にもできることを個々が始めたらきっと未来の環境は変わるはず。

https://www.organicstyle.co.jp/

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

あなたと国産オーガニックをつなぐ架け橋に─
仕事や育児など日々のストレス、 ライフスタイルの変化などでちょっぴり疲れた方へ。
心と体に良い国産オーガニックでほっと一息ついてほしい。
You&Organicでは、ホッと安心できる情報やひとりで抱え込んでいる悩みごとの解決を手伝える以下の内容をお届けします。
ABOUT