• HOME
  • 妊活
  • 妊活中のアルコールは妊娠に影響するの?

妊活中のアルコールは妊娠に影響するの?

妊活

妊娠中のアルコールは、胎児の奇形を起こす可能性があるので、避けるように言われていますよね。
だとすると、妊活中もアルコールを摂取すると、何か良くないことがあるのでしょうか。
妊活中もアルコールは我慢すべきか、まとめてみました。

アルコールが妊活に与えるリスク

妊活中に考えられるアルコールによるリスクは、全て解明されているわけではありません。
しかし、はっきりと分かっているリスクだけでも、2つ挙げることが出来ます。

1つ目は「過剰摂取による肝機能の低下」です。
肝機能と妊活に、どんな関係があるのか不思議に思うかもしれませんね。
実は肝機能と女性ホルモンには大きな関係があるんです。
肝臓は過剰なホルモンを代謝し、不足しているホルモンの分泌を促し、適正なホルモン濃度が体内で維持されるよう、調節しています。
ですから、肝機能が低下してしまうと、女性ホルモンの働きも弱まってしまうのです。
それにより、生理不順や子宮の状態の悪化などを引き起こす可能性があります。

2つ目は「活性酸素による卵子の老化」です。
体内にアルコールが入ると、アルコールの分解作業が肝臓で行われます。
その際、活性酸素が発生するのですが、この活性酸素が大量に発生すると問題が起こります。
増えすぎた活性酸素は酸化や老化の原因となり、その影響は卵子にも及んでしまうのです。
卵子の質が低下することで、妊娠の可能性を下げてしまうことになり兼ねません。

どのくらいなら飲んでも大丈夫なの?

とは言え、普段からお酒を飲む習慣がある人が、妊活中に一切のアルコールを断つのはストレスになってしまいますよね。
ストレスが溜まってしまうと、それはそれで妊活の妨げとなってしまうので、よくありません。
妊活中の通常の飲酒が、妊娠後すぐに胎児に影響する可能性は低いとされています。
ですから、もしお酒なしの生活をすぐに始める自信がない人は、妊活中から徐々にお酒を減らすようにして、妊娠に備えておくのが良いでしょう。

厚生労働省が発表している「節度ある適度な飲酒量」は、女性だと「1日平均純アルコールで約20g程度」です。
体質もありますので、弱い自覚のある人や顔がすぐ赤くなる人は、これより少なくするようにしてください。
ちなみに「純アルコールで約20g程度」は、ビールや発泡酒であれば500ml、日本酒なら一合、ワインなら200mlです。お酒が好きな人だと、少なく感じるかもしれませんね。
ところで、生理中は妊娠の可能性が低いからと、安心して飲んでしまうかもしれませんが、それでは飲まない習慣作りにはなりませんよね。
また、低温期でも妊娠する可能性はゼロではありません。
妊娠を希望するのであれば優先順位を考え、やはり減酒・禁酒を目指すことをお勧めします。

男性も妊活中はアルコールをやめた方がいい?

ズバリ言うと、妊活中のアルコールは、男性にも影響を与えます。
多量の飲酒習慣がある男性は、精子の運動力の低下や、精子に奇形が生じる可能性があります。
そうなると、受精する確率は残念ながら下がりますよね。
出来ればパートナーと一緒に、妊活中は飲酒の量や回数を減らして、少しでも妊娠の可能性を上げたいところです。
男性の、厚生労働省が発表している「節度ある適度な飲酒量」は、女性の2倍程度になります。
ビールや発泡酒なら1000ml、日本酒なら二合と思うと、男性も気をつけることが出来るのではないでしょうか。

妊活中のアルコールは、絶対ダメ!とまでは言いませんが、飲む量には気をつけるようにしましょう。
また、妊娠がわかった時は、すぐに禁酒するようにしてください。
今はノンアルコール飲料も充実していますので、上手に取り入れるのもお勧めです。
ストレスをなるべく溜めない妊活ライフを送れるようにするのも、大切ですよ!

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

あなたと国産オーガニックをつなぐ架け橋に─
仕事や育児など日々のストレス、 ライフスタイルの変化などでちょっぴり疲れた方へ。
心と体に良い国産オーガニックでほっと一息ついてほしい。
You&Organicでは、ホッと安心できる情報やひとりで抱え込んでいる悩みごとの解決を手伝える以下の内容をお届けします。
ABOUT