• HOME
  • 妊活
  • 妊娠しやすい体のために、オーガニックで出来ること

妊娠しやすい体のために、オーガニックで出来ること

妊活

赤ちゃんを授かるために、少しでも可能性を高めたいと考えるのはごく自然のことです。
赤ちゃんを授かるのはあなたの体なので、あなたが健康であれば、当然、妊娠しやすいと言えますよね。
妊娠しやすい体にするために、出来ることや気をつけたいことをご紹介します。

◆基礎体温に着目する

妊娠しやすい体にするためには、まず基礎体温を上げることが大切です。
基礎体温とは眠っている時の体温、つまり、”人が最小限のエネルギーしか使っていない時の体温”のことを言います。基礎体温には低温期と高温期があって、2つの差が0.3度以上あることが正常とされています。
また、高温期が10日以上続くことも、正常に女性ホルモンの分泌が行われている証と言われています。

実はこの基礎体温が低い人は、月経異常傾向があると、最近の研究でわかってきました。
月経異常は女性ホルモンと大きな関係があります。女性ホルモンの分泌が乱れれば、妊娠しにくくなるリスクも上がるのです。
ですから、基礎体温を上げて月経を整えることが女性ホルモンの分泌を整えることに繋がり、妊娠しやすい体になることに繋がるのです。

◆基礎体温を上げる方法

まずは体の中から温めて、基礎体温を上げる方法をご紹介しましょう。

オススメはオーガニックルイボスティーです。
ノンカフェインなのはもちろん、妊活に欠かせないミネラルやポリフェノールも豊富に含まれています。
ルイボスティーに含まれるミネラルは、体内でエネルギーを発生させて体温を上昇させる働きがあります。
体の巡りを改善する効果もありますので、老廃物や余計な水分も排出してくれます。
溜め込まないことで代謝が良くなり、さらに基礎体温も上がりやすくなります。

また、ルイボスティーに含まれる「フラボノイド」には、リラックス効果があります。
自律神経を安定させ、免疫機能の向上や基礎体温の上昇が期待出来ます。

さらに、ルイボスティーには「スーパーオキシドジムスターゼ」という酵素が含まれています。
「スーパーオキシドジムスターゼ」は強い抗酸化作用があって、卵巣や卵子の老化防止に役立ってくれます。

◆デリケートゾーンを冷やさない

月に1度やってくる月経期間は、痛みや不快感から憂鬱になりがちです。
でも月経は女性にとって、とても大切なものですよね。
妊娠しやすい体にしたいなら、月経の時こそケアを怠ってはいけません。
だから、生理用ナプキンにも気を遣いましょう。

デリケートゾーンから冷やさないためにも、ナプキンもオーガニックを選ぶのがオススメです。
オーガニックナプキンなら、肌に直接触れる部分にオーガニックコットンを使用し、化学的繊維は使っていません。
吸収剤も合成ポリマーを使わず、自然由来のものを使っています。
デリケートゾーンは経皮毒の肌吸収率が腕と比べるとなんと42倍!
そんな敏感な部分に漂白されたポリエステル、ポリプロピレン、レーヨン、香料などの化学物質を24時間5日以上毎月あて続けているなんて、恐ろしいですよね。
しかも、合成ポリマーは水分を吸収してジェル状に固める仕組みになっていますから、冷たいジェルをデリケートゾーンにあて続けていることになるのです。
これでは自ら体を冷やしているのと変わりありませんよね。

基礎体温を下げないためにも、ナプキンもオーガニックを選ぶようにしましょう。

◆オーガニックでも注意が必要なこと

ルイボスティーやオーガニックナプキンは妊娠を希望する人はもちろん、全ての女性にオススメです。
ただ、ハーブの中には妊娠中に禁忌とされているものも一部あります。
例えばアンゼリカ、サフラワー、シナモン、ジュニパー、セージ、タイム、ハトムギ、フィーバーフュー、リコリスなどです。
妊娠を希望する方は、多量摂取やアロマなどで使用するのは避けるようにしましょう。

自分の体のためにも、赤ちゃんが育つ環境を整えるためにも、オーガニックを選べば安心です。
オーガニック製品は妊娠しやすい体つくりのために、大きな助けとなってくれるでしょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

あなたと国産オーガニックをつなぐ架け橋に─
仕事や育児など日々のストレス、 ライフスタイルの変化などでちょっぴり疲れた方へ。
心と体に良い国産オーガニックでほっと一息ついてほしい。
You&Organicでは、ホッと安心できる情報やひとりで抱え込んでいる悩みごとの解決を手伝える以下の内容をお届けします。
ABOUT