妊娠糖尿病について知りたい!

妊娠初期

「妊娠糖尿病」って聞いたことありますか?
糖尿病は聞き慣れた言葉ですが、「妊娠」とつくと、よくわからなくなりますよね。
妊娠すると糖尿病になる?
それっていったいどういうことなのでしょう。

妊娠糖尿病とは?

妊娠糖尿病とは、妊娠中に初めて発見される糖代謝異常のことを言います。(糖代謝異常と言うのは、すい臓で作られるインスリンというホルモンの量や働きが不十分となり、血糖の調節がうまくいかなくなった状態です。ちなみに、妊娠前から糖尿病である場合は、「糖尿病合併妊娠」と言います。)

正常であれば血糖値が上がるとインスリンが分泌され、ブドウ糖の分解を促進することで血糖値を下げてくれます。
しかし、妊娠中は胎盤や脂肪細胞から、インスリンの働きを妨げるホルモンが分泌されると言われています。
そのため、インスリンが十分効かず、血糖値が高くなってしまうと考えられているのです。
妊娠糖尿病になってしまうと、母体だけでなく、胎児にも悪影響を及ぼしてしまいます。
母体の合併症としては、妊娠高血圧症候群や糖尿病ケトアシドーシス、糖尿病網膜症、羊水過多、早産や流産・帝王切開のリスク上昇などがあります。
また、将来的に糖尿病になるリスクも上がります。
胎児の合併症としては、新生児低血糖や巨大児、先天奇形、胎児発育遅延、胎児機能不全、子宮内胎児死亡などです。
合併症を見ると、妊娠糖尿病をいかに甘く考えてはいけないか、よくわかると思います。

妊娠糖尿病の治療方法は?

妊娠糖尿病と診断された場合、治療の基本は「食事療法」です。
1日3回バランスの良い食事を、規則正しい時間に、ムラのない量食べることが大切です。
場合によっては、1日6回の分割食を指導されることもあります。
また、よく噛んでゆっくり食べるように指導されます。指導内容は個人の状態や妊娠の時期によって異なりますので、主治医の指示に従いましょう。
食事療法で改善されない場合には、「インスリン療法」を行います。インスリン療法には、1日に4~5回の頻回注射や、持続皮下注入があります。

妊娠糖尿病を予防するには?

妊娠糖尿病は、太り気味の方や、血縁者に糖尿病の方がいる場合などに、発症しやすくなります。
普段からバランスのとれた食事や適度な運動を心がけていれば、予防に繋がります。
もし妊活中の方や、これから妊娠を希望するのであれば、今から気をつけておくようにしましょう。

また、妊娠してからは特に、食事に気をつかうことをお勧めします。
体重が増え過ぎることが、発症のリスクを高めてしまうからです。
ですから、つわりの時期を過ぎて食欲が増すからと言って、食欲に任せて食べてしまうのは危険ですよ。
1日3回の食事はもちろん、間食にも気をつけてくださいね。

妊娠中の間食にお勧めなのは、甘いお菓子より、ナッツ類やドライフルーツです。
1日1掴みのナッツ類を食べると、血糖値が下がったり、合併症のリスクが低減するとも言われています。
ナッツには不飽和脂肪酸やミネラル、ビタミン、食物繊維が含まれているからだと考えられています。
ドライフルーツなら、プルーンがお勧めです。食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富なうえ、食後の血糖値が急激に上がりにくい低GI食品だからです。
もちろんナッツやドライフルーツは、オーガニックを選ぶのが正解です。
そして、いくら体に良いからと言って、食べ過ぎは禁物です。
ナッツ類やドライフルーツを少量間食に取り入れて、ストレスを溜めずに妊娠糖尿病を予防しましょう。

お勧めの国産無添加ドライフルーツ「フルーツルーツ 」はこちら https://www.fruitsroots.com/dryfruits/

妊娠糖尿病は発症すると厄介な病気です。
ただ、普段から気をつけることや、妊娠中の食事に気をつかうことで、ある程度防ぐことが出来る病気でもあります。
肥満気味の方はこれを機にダイエットして、少しでも不安を取り除けるように頑張ってください。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

あなたと国産オーガニックをつなぐ架け橋に─
仕事や育児など日々のストレス、 ライフスタイルの変化などでちょっぴり疲れた方へ。
心と体に良い国産オーガニックでほっと一息ついてほしい。
You&Organicでは、ホッと安心できる情報やひとりで抱え込んでいる悩みごとの解決を手伝える以下の内容をお届けします。
ABOUT