できてからでは遅い!?  妊娠線の予防とケア

LIFESTYLE

ほとんどの妊婦さんが妊娠線に悩まされるといいます。一度できた妊娠線は消すことが可能なのでしょうか。また、妊娠してからどれくらいから予防をはじめたらいいのか、今回は、からだに優しい妊娠線対策をお届けします。

妊娠線とは

妊娠することで皮膚が急激に伸び、真皮が裂けてできる断裂線を妊娠線といいます。赤ちゃんの成長とともに大きくなるお腹はもちろん、妊娠することによって、からだに脂肪がつきやすくなるため、胸や太ももなどにも妊娠線ができる人もいます。

妊娠線はいつからできる?

妊娠線ができる人、できない人、妊娠初期にできる、 出差直前や出産後にできるなど個人差があります。妊娠線は、一度できてしまうと完全に消すことは難しく、薄くできる程度。はじめからできないように、妊娠初期から自分のからだのメンテナンスをすると◎
ただ、妊娠中は体調面も不安定な人も。安定期とされる妊娠5カ月からは、負担のないようケアをスタートすることがおすすめとされています。

妊娠線の予防とケア

では、どのように予防をしたらいいのでしょうか。
肌が乾燥していると皮膚が断裂しやすいため「保湿ケア」がポイント。お風呂上がりにお腹まわりをはじめ、自分の肌に合ったクリームやバームでしっかり保湿を。
こまめな水分補給も乾燥肌対策になりますので、無理のない範囲で意識しましょう。 また、急激な体重増加は妊娠線の原因にもなりますので、医師と相談しながら時期に合ったベスト体重をコントロールすることも大切です。産後後悔しないように、できる範囲でケアをしてみてください。


ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

あなたと国産オーガニックをつなぐ架け橋に─
仕事や育児など日々のストレス、 ライフスタイルの変化などでちょっぴり疲れた方へ。
心と体に良い国産オーガニックでほっと一息ついてほしい。
You&Organicでは、ホッと安心できる情報やひとりで抱え込んでいる悩みごとの解決を手伝える以下の内容をお届けします。
ABOUT