食欲の秋にこそ野菜を食べよう!

食事

秋はたくさんの美味しいものが旬を迎えます。
実りの秋とも呼ばれ、旬の野菜も豊富です。
ついつい食べ過ぎてしまう秋だからこそ、野菜をたっぷり食べたいですよね。
スーパーに行った時に選びたい、秋が旬の野菜をご紹介しましょう!

◆旬の野菜を食べるメリット

まずは旬の野菜を食べると、どんな良いことがあるのかお話ししますね。

1つ目は、「美味しい」です。
旬の野菜は香り豊かでうまみも豊富です。
味もしっかり濃く感じられるため、とても美味しくいただけます。
2つ目は「栄養たっぷり」です。
旬の野菜は栄養価も高くなります。
ビタミンやミネラルなどがよりたくさん含まれるため、身体にとても良く、健康に役立ちます。
3つ目は「安い」です。
旬の野菜はたくさん収穫出来るため、価格が安くなります。
採りたてのものが出回るため、鮮度がよいまま食卓に並べることが出来ます。

◆さつまいも

甘くておやつにもぴったりのさつまいもは、秋が旬の代表格です。
さつまいもには40種類以上の品種があり、ほくほくした食感やしっとりとした食感など、品種による違いも楽しめます。
さつまいもには、食物繊維が豊富に含まれています。
さらに、「ヤラピン」という便を柔らかくする効果のある成分も含まれていますので、便秘解消にはもってこいの野菜と言えますよ。
それから、意外と知られていないのですが、さつまいもはビタミンも豊富です。
抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンE、代謝を促進するビタミンB群が含まれていますから、美容効果も期待出来ますよ。
ちなみにさつまいもの栄養は、皮や皮と実の間に多く含まれています。
ですから、食べるときは皮ごと食べるようにしてくださいね。

◆さといも

煮物には欠かせないさといもも、秋が旬の野菜です。
水分が多めのさといもは、イモ類の中では低カロリーと言えます。
さといもの特徴と言えば、ヌメリですよね。皮を剥く時に、ヌルヌルするのがイヤという人もいるかもしれません。
でも、実はあのヌメリには凄い効果があるんです。
ヌメリには「ムチン」「ガラクタン」「マンナン」などの成分が含まれています。
ムチンには免疫を高める効果があるとされていますし、ガラクタンにはコレステロールや血圧を下げる効果があるとされています。
また、マンナンには肥満や糖尿病予防の効果があるとされており、さといもは旬にはたくさん食べたい野菜の1つと言えるでしょう。

◆れんこん

「先を見通す」縁起の良い食べ物として知られるれんこんは、おせち料理にも使われますが、秋の野菜です。
秋に出回る新れんこんは、生で食べるとシャキシャキした食感が、加熱するとほくほくした食感が楽しめます。
れんこんには食物繊維が豊富で、便秘予防に役立ちます。
また、ビタミンC、ビタミンB群も豊富ですから、お肌の悩みがある人にもオススメです。
れんこんを切ると糸を引くのは、さといもにも含まれる「ムチン」という成分が含まれているからです。

◆きのこ類

今では年中手に入るようになったきのこ類ですが、もともとの旬は秋です。
きのこはその約9割が水分とも言われており、それだけ聞くと栄養価は低いと思うかもしれませんが、それは大きな間違いです。
きのこ類にはビタミンDやビタミンB群が豊富で、カリウムやリンなどのミネラルも含まれています。
さらに、食物繊維や葉酸も含まれていますので、妊娠を希望する人にも、積極的に食べてもらいたい野菜ですよね。
低カロリーなのに栄養満点のきのこは、ダイエット中の人にも強い味方となってくれること間違いなしですよ!

秋が旬の野菜には、栄養もうまみもたっぷりということがよくわかりましたね。
せっかくですから積極的に料理に使い、レパートリーを、増やしてみてくださいね。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

あなたと国産オーガニックをつなぐ架け橋に─
仕事や育児など日々のストレス、 ライフスタイルの変化などでちょっぴり疲れた方へ。
心と体に良い国産オーガニックでほっと一息ついてほしい。
You&Organicでは、ホッと安心できる情報やひとりで抱え込んでいる悩みごとの解決を手伝える以下の内容をお届けします。
ABOUT