ナプキンよりエコ!新しい生理用品「月経カップ」とは?

SENSUAL

「月経カップ」って聞いたことありますか?
海外では50年くらい前から当たり前に使われているこの商品が、最近日本でも注目を集めています。
ナプキンやタンポンよりエコで便利とも言われる「月経カップ」について、知ってて損はありませんよ!

月経カップってどんなもの?

月経カップとは、ベルのような形をした、医療用のシリコンや樹脂でできている、柔らかいカップです。
ピンポン球くらいの大きさで、膣内に挿入して経血を受け止める仕組みです。
膣内に挿入するという点では、タンポンと同じですが、月経カップには吸収体はついていません。
あくまでカップで受け止める、ただそれだけの方法なのです。
ですから、今までナプキンしか使ったことがない人には特に、衝撃的な生理用品かもしれません。
でもこの経血カップには、使うのに慣れてしまえば手放せなくなる人が続出するほどのメリットがあるんです。

月経カップのメリット

月経カップのメリットとして、まず一押ししたいポイントは、”蒸れない”ということです。
ナプキンをつけていると、下着の中は蒸れてかぶれてしまう人も多いですよね。
月経カップなら膣内で経血を溜めておくので、蒸れる心配はありません。

それから、ナプキンに使われている化学物質が気になっている人は、その心配もいらなくなります。
デリケートゾーンは、経皮吸収率が腕に比べて50倍もあるとされている場所です。
そんなデリケートゾーンにケミカルナプキンを当て続けることに、不安を抱くのは至極当然のことですよね。
吸収された化学物質が子宮に悪影響を与えるという話もあるくらいですから、生理痛や生理不順で悩んでいる方や妊活中の方は、経血カップで不安を取り除くことが出来るでしょう。

また、”生理中のあの臭いが気にならなくなる”のも、経血カップのメリットです。
当然ですが、ナプキンが減るから経済的でエコですし、かさばるナプキンがなくなれば荷物も減らせます。
経血カップは最長12時間装着可能で、長時間使用出来るから夜も安心です。
もちろんその日の経血量によって変わりますが、ナプキンやタンポンと比べれば、交換回数は少なくなりますね。
流れてくる経血を吸収するタンポンやナプキンと違い、カップに経血を溜めるので、経血量を確認することが出来るのは新鮮です。
体調の把握にも繋がりますので、使用の際はぜひ頭の片隅にでも記憶しておいてください。
意外と嬉しいのが、経血の流れ出る感覚からの解放です。
どろりとした感覚は、何度経験しても慣れませんよね。

月経カップのデメリットは?

メリットがいっぱいの経血カップにも、やはりデメリットはあります。

まず、使い始めはどうしても慣れなくて、装着に時間がかかったり、少しズレて漏れてしまうことがあります。
経験を重ねれば、そんな心配もなくなるのですが、しばらくは不安かもしれません。
タンポンを使ったことがある人や出産経験のある人は、比較的すぐ慣れると思いますよ。

月経カップを外す時に手が汚れてしまうのも、デメリットかもしれません。
外したら必ず月経カップも手洗いが必要なので、外出先では個室に水道があるトイレを使うのがオススメです。
念のため、ウエットシートなどを持っていれば安心ですね。
普段のお手入れとしては、生理が終わったら次の生理までに煮沸消毒をしておく必要があります。
また、使ったその日は低刺激の石けんで洗ってよく乾かしておきましょう。
お値段は3,500円〜と少しお高く感じますが、大切に使えば10年近く使えるそうなので、やはり経済的と言えるでしょう。

いかがでしたか?
今でこそ日本ではまだ知っている人も使っている人も少ない経血カップですが、近い未来の新常識になること間違いなしですよね。
ぜひあなたも経血カップ、試してみてください!

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

あなたと国産オーガニックをつなぐ架け橋に─
仕事や育児など日々のストレス、 ライフスタイルの変化などでちょっぴり疲れた方へ。
心と体に良い国産オーガニックでほっと一息ついてほしい。
You&Organicでは、ホッと安心できる情報やひとりで抱え込んでいる悩みごとの解決を手伝える以下の内容をお届けします。
ABOUT