デリケートゾーンのムレやかゆみは適切なケアで防ごう!

デリケートゾーンケア

誰かに相談しにくいデリケートゾーンのムレやかゆみの悩み、そのままにしてしまっていませんか?
女性にとって、とても大切な部分なのに、適切なケアをしている人はごくわずか。
デリケートゾーンのケアを誤解したまま過ごしていると、思わぬトラブルにつながってしまうこともあるんです!

デリケートゾーンのケアしてる?

デリケートゾーンのケアと聞いて、どんなことを思い浮かべますか?
おそらく、ほとんどの人がお風呂で手足を洗うように、デリケートゾーンを洗っているのではないでしょうか。
でも実は、これはすでに間違いなんです!
正しいデリケートゾーンのケアとは言えません!
手足を洗う石けんで同じようにデリケートゾーンを洗ってしまうと、かゆみがでることがあります。
なぜなら、デリケートゾーンの皮膚はとても薄く、繊細な場所だからです。
刺激の強い石けんやナイロンタオルなどでゴシゴシこすって洗ってしまうと、かぶれたり皮膚炎の原因になってしまうこともあります。

また、ニオイが気になるからといって、膣の中まで石けんで洗ってしまうのもやめましょう。
膣内フローラのバランスが崩れてしまい、膣炎などの原因になってしまうかもしれませんよ。

デリケートゾーンのケアをするメリット

デリケートゾーンのケアをすることは、ムレやかゆみを防ぐだけでなく、他にも大きく分けて2つのメリットがあります。

1つ目は、デリケートゾーンの老化防止です。
膣の内側にある膣壁は、加齢とともに薄くなると言われています。
また、粘液の分泌量は減少し、膣も乾燥しやすくなります。
適切なケアをせずに老化してしまうと、刺激に弱くなったり、膣の自浄作用が弱まってしまい、かぶれやすくなってしまいます。

2つ目は、お産のための準備です。
出産前にデリケートゾーンをしっかりケアして柔らかくしておくと、赤ちゃんが出やすくなり、会陰の傷も最小限に抑えられる効果があるのです。
ですから、デリケートゾーンのケアは年齢に関係なく必要なものと言えますね。

デリケートゾーンのケアは3STEP

デリケートゾーンの適切なケアを覚えて、早速今日から始めましょう!

1.STEP1洗う
まずは優しく洗いましょう。
デリケートゾーンはデリケートゾーン専用ソープを使って、なで洗いします。
弱酸性で美容成分を配合されたものなど、たくさんのデリケートゾーン専用ソープが販売されています。

2.STEP2保湿
洗った後は必ず保湿します。
乾燥しやすいデリケートゾーンは保湿しないでいると、炎症やかゆみの原因につながってしまいます。
デリケートゾーン専用のコスメも豊富ですから、使い心地や香りなど好きなアイテムを見つけて、毎日保湿しておきましょう。

3.STEP3マッサージ
保湿の時に同時に行って欲しいのが、デリケートゾーンのマッサージです。
血流が良くなり潤いがアップしますし、黒ずみも緩和されます。
膣の周りだけでなく、できれば膣の中までマッサージすると効果的です。
痛みや不快感がある時は、無理せず少しずつ行っていきましょう。

マッサージの時に使うのは、オーガニック認証のある植物性のオイルがオススメです。
大切な部分に使うものですから、化学合成物質の入ったものは極力やめましょう。
もちろんデリケートゾーン専用のマッサージオイルも販売されていますので、チェックしてみてくださいね。
また、この3STEPと同時に、アンダーへアのケアもしておくと、マッサージしやすくなり、より清潔に保つことが出来ますよ。

デリケートゾーンはお顔と同じで、特別なケアが必要です。
かゆみやムレを防ぐためにも、いつまでも女性らしく輝くためにも、デリケートゾーンのケアはマストだと覚えてくださいね。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

あなたと国産オーガニックをつなぐ架け橋に─
仕事や育児など日々のストレス、 ライフスタイルの変化などでちょっぴり疲れた方へ。
心と体に良い国産オーガニックでほっと一息ついてほしい。
You&Organicでは、ホッと安心できる情報やひとりで抱え込んでいる悩みごとの解決を手伝える以下の内容をお届けします。
ABOUT