尿もれが気になったらどうしたらいいの?

デリケートゾーンケア

実は多くの女性が経験している「尿もれ」。
改善出来るのならば、なるべく早く改善したいと思うのが、本心ですよね。
尿もれと一言で言っても様々なタイプがあり、それによって対処法も違います。

まずは、あなたのタイプを知るところから、スタートしましょう!

尿もれとは?

尿もれの定義は「自分の意思とは関係なく尿が漏れてしまうこと」です。
「尿失禁」とも言います。
男性より女性の方が多く経験し、成人女性の3人〜4人に1人が尿もれの経験があると言われています。

尿もれのタイプ

尿もれの主なタイプは3つです。1つずつ紹介しましょう。

○切迫性尿失禁
突然我慢できないほど強い尿意を感じ、トイレまで間に合わず、尿が漏れてしまう症状です。
切迫性尿失禁は、脳の障害などの後遺症による神経トラブルが原因である「神経因性」のものと、それ以外のことが原因の「非神経因性」のものがあります。

非神経因性の原因としては、加齢や出産による骨盤底筋のトラブルが挙げられます。
膀胱の容量が極端に少なく、頻尿を伴うことが特徴の、過活動膀胱が起きている可能性があります。

切迫性尿失禁の治療には、「抗コリン薬」や「β3(ベータスリー)受容体作動薬」などの薬物療法が有効とされています。

○腹圧系尿失禁
骨盤底筋の衰えが原因で起こる尿もれです。
重いものを持ち上げたり、せきやくしゃみが出るなど、お腹に力が入った時に尿もれを起こしてしまいます。
出産を機に経験する人も多く、腹圧性尿失禁の9割が出産経験者とも言われています。

ただ、軽い腹圧系尿失禁の場合は、骨盤底筋訓練をして鍛えることで、改善が期待出来るんです。
また、肥満の方は減量することで、改善することもありますよ。

○混合性尿失禁
切迫性尿失禁と腹圧系尿失禁の、両方の症状が重なっているタイプです。
骨盤底筋の緩みに加えて、膀胱や尿道の機能が落ちたのが原因です。

尿もれの対処法

尿もれと言うと恥ずかしくて、なかなか治療を始められない人がほとんどです。
しかし、尿もれは泌尿器科を受診して検査をすることで、原因や重症度を調べることが出来るんです。

尿もれは薬の副作用や疾病が原因で起こっている場合もあり、放置すると尿路感染を引き起こしたり、腎機能障害に陥ったりすることもあります。

はっきりと軽度の腹圧系尿失禁とわからない場合は、専門医への受診をお勧めします。

骨盤底筋訓練

軽度の腹圧系尿失禁の方にお勧めの、骨盤底筋訓練の方法をご紹介しましょう。
骨盤底筋訓練は、自宅でも簡単に行うことが出来ますよ。

まず、あおむけに寝て、足を肩幅に開きます。
リラックスしたら、お尻の穴や膣を意識し10秒締めます。
その後10秒緩めて、それを10回繰り返します。
それを1セットとし、1日に5セット行うようにします。
この訓練はイスに座っても出来るんですよ。

イスに浅く腰掛け、背中は背もたれにつけず、まっすぐ伸ばします。
前を向き、肩の力を抜いてあおむけの状態と同様に締める・緩めるを繰り返します。

難しい場合は10秒ではなく、5秒でスタートしても大丈夫です。
その場合は20回を1セットを目標にしてみましょう。
筋肉がついてくると、長く締められるようになりますよ。
もし、骨盤底筋訓練をしても改善がみられない場合は、専門医に相談することをお勧めします。

最後に

どんなタイプであっても、吸水ケア用品を使用して、清潔に保つことは忘れてはいけません。
吸水ケア用品には、パンツタイプ・パッドタイプ・ライナータイプがあります。
どれを選ぶにしても、軽い尿もれから長時間でも安心のものなど、吸水量を目安にするのが良いでしょう。

また、オーガニックコットンを使用したものもあり、デリケートゾーンにはぴったりですよ。
尿もれは基本的に、放っておいて良くなる病気ではありません。
しかし、適切に対処すれば治る病気でもあります。
気になることがあれば、なるべく早く専門医に相談してみてくださいね!

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

あなたと国産オーガニックをつなぐ架け橋に─
仕事や育児など日々のストレス、 ライフスタイルの変化などでちょっぴり疲れた方へ。
心と体に良い国産オーガニックでほっと一息ついてほしい。
You&Organicでは、ホッと安心できる情報やひとりで抱え込んでいる悩みごとの解決を手伝える以下の内容をお届けします。
ABOUT