• HOME
  • SENSUAL
  • いつまでも美しくいるために女性ホルモンを保つ秘密

いつまでも美しくいるために女性ホルモンを保つ秘密

SENSUAL

叶うならいつまでも美しく輝く“女”でいたいもの。子育てやキャリアアップや環境の変化に負けない、女性らしさをキープするために必要な女性ホルモンを保つ方法をまとめました。

女性ホルモンの力

卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類を女性ホルモンとよびます。このホルモンは、大脳から視床下部→脳下垂体→卵巣というメカニズムにより分泌されます。
は、 女性性器の発育を促す卵胞ホルモンと、 妊娠を維持するために必要な黄体ホルモン。これらのホルモンの分泌バランスが大切です。まず、ホルモンバランスが整っているかをセルフチェックしてみましょう。

チェック
□生理不順だ
□むくみやすい
□イライラしやすい
□肌荒れが気になる
□髪のおパサつきや白髪が気になる

いくつ当てはまりましたか?
あくまでも目安としてのチェックです。本当に気になる方は医療でホルモンバランスのチェックをしてみてくださいね。
ホルモンのバランスが崩れることで、からだの不調を招き、肌や髪のツヤやハリが失われる。さらにイライラしやすくなることで男性ホルモンが優位になりヒゲが生えてきてしまうこともあります。

女性らしさをつくるエストロゲン

分泌バランスが大切ではありますが、より女性らしさを意識するのであれば卵胞ホルモン(エストロゲン)に注目。このエストロゲンが減少することで更年期障害になるといわれており、単に“女性らしさ”だけではなく、 心身ともに美しく健康でいるために必要なホルモンなのです。 エストロゲンは、女性らしいからだをつくるほか、自律神経の安定や脳の働きを良くする、コレステロールの排出を促すなど、さまざまなは働きをします。

エストロゲンを補い保つ方法

・生活習慣の見直し
特に睡眠は大切です。よく22時〜2時は美のゴールデンタイムとされていますが、この時間の睡眠はホルモンの分泌を高めてくれるといわれます。良質な睡眠を心がけましょう。
・冷え対策
冷えは万病のもと。シャワーだけでなくお湯に入る、温かい飲み物を取るなど、からだを温め血流を良くすることで、ホルモン分泌をスムーズにしてくれます。
・食事
やはりおすすめは、植物性エストロゲンと言われる、大豆製品の摂取。過剰に取りすぎるのは良くないとされていますが、食事で納豆や豆腐、味噌などを意識して取り入れましょう。そして、卵もおすすめ。こちらも過剰に食べることなく、一日1個を目安に取り入れてみて。できれば、栄養がたっぷり入った無農薬の食材を選んで続けてみるといいかもしれませんね。

女性ホルモンは、年々減少してしまいます。女性らしさをキープするためにはときめきも大切。ときめきは恋だけではありません。お気に入りのアイドルを応援してみたり、好きな音楽を聞いたり、いつもとは違う知らない道を歩くだけでも脳に刺激をもたらしときめきを与えてくれます。 自分だけの毎日のときめきが、美しさを保つ秘密かもしれませんね。

神戸美人ぬか | 日本人なら、お米パワーで肌の回復を

国産無農薬のフルーツやハーブをはじめ天然成分のみにこだわった、肌に優しいサンクリーム。日焼けのダメージをいたわりながら、しっかりUVケアを叶える。
Fruits Line ジューシーサンクリーム SPF50・PA+++ 70ml ¥4,320
問い合わせ先/フルーツルーツ 03-6452-4573
https://www.fruitsroots.com

フルーツルーツ | 簡単にさっぱり泡洗顔

国産無農薬のフルーツやハーブをはじめ天然成分のみにこだわった、肌に優しいサンクリーム。日焼けのダメージをいたわりながら、しっかりUVケアを叶える。
ジューシークレンジングフォーム   150ml ¥3,888
問い合わせ先/フルーツルーツ 03-6452-4573
https://www.fruitsroots.com

–>

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

あなたと国産オーガニックをつなぐ架け橋に─
仕事や育児など日々のストレス、 ライフスタイルの変化などでちょっぴり疲れた方へ。
心と体に良い国産オーガニックでほっと一息ついてほしい。
You&Organicでは、ホッと安心できる情報やひとりで抱え込んでいる悩みごとの解決を手伝える以下の内容をお届けします。
ABOUT