• HOME
  • SEX
  • 男性が気をつけたい妊活中の生活習慣

男性が気をつけたい妊活中の生活習慣

SEX

「男性不妊」という言葉をご存知ですか?
「男性不妊」とは、不妊の原因が男性側にあることを指します。
以前は不妊は女性だけに問題があると言われていましたが、実際は不妊で悩むカップルの半数近くが、男性不妊であるとも言われています。

男性不妊の原因は?

男性不妊の原因は、その多くがまだ謎に包まれており、原因不明であるケースが、半数を超えているのが実情です。
はっきりしている原因としては、精子がうまくつくれない「造精機能障害」や「ED(勃起不全)」、「射精障害」などがあります。
造精機能障害はさらに、精子が見つからない「無精子症」、通常よりも精子が少ない「乏精子症」、精子の動きがよくない「精子無力症」など、いくつかのタイプに分類されます。
しかしどんな原因であっても、妊活で悩む多くの人は、生活習慣の改善が必要であるケースが多いと考えられています。
少しでも精子の状態を良くする努力が必要なのです。

生活習慣の見直しをしよう!

不妊治療中の方も、これから妊活を始める方も、ご自身の(又はご主人の)生活習慣を見直してみましょう。

○喫煙
喫煙は精子の数を減らし、精子の質も悪化させると言われています。
実際、喫煙者は非喫煙者と比べると、精子数が15~25%も低下するという報告もあります。
また、喫煙はEDの原因となることもあります。
「百害あって一利なし」と言われる喫煙ですから、子どもを望むのであれば尚更、今すぐにでも禁煙しましょう。

○大量の飲酒
過度の飲酒は喫煙と同じく精子の数を減らし、精子の質を悪化させるので注意が必要です。
1度に飲む量はもちろん、毎日飲む習慣がある人も、せめて3日に1度は休肝日を設けてくださいね。

○長風呂
精子は熱に弱い性質があり、精巣が体温ほどの高い温度になると、精子の数の減少や運動性に支障をきたす可能性があります。
長風呂同様長サウナも、時間や回数に気をつけましょう。

○規則正しい生活
男性の多くが、仕事が忙しいという理由などで夜更かしが続いている状況ではないでしょうか。
また、土日は昼近くまで寝ている人も珍しくないはずです。
そんな生活をしていると、ホルモンバランスが崩れがちで、精子に良い状態とは言えません。
出来るだけ早寝早起きを心がけ、朝型に切り替えることをお勧めします。

○食生活
体を作るものだから、食生活には特に気を遣いましょう。バランスのとれた食事を基本とし、出来るだけ添加物を避け、オーガニックなものをチョイスするのがお勧めです。
というのも、環境ホルモンは本物のホルモンの働きをかく乱し、性機能に異常をもたらす可能性があると言われているからです。
野菜を選ぶときも、残留農薬の心配がないオーガニックなら安心ですね。

○適度な運動
加齢とともに、精子の機能は低下していきます。
35歳を境に、機能低下がスタートするとも言われているのです。
ある実験では、適度な運動習慣がある男性の精子を、座りがちな生活習慣の男性の精子と比べると、有意に運動性が高く、正常な形態の精子数が多かったことが判明しています。
年齢に負けない体作りを目指すことで、精子の機能を少しでも長くキープし続けることが出来るはずです。

○肥満解消
肥満も精子の数や質に悪影響を及ぼすことがわかっています。
近年の研究で、平均BMI33のグループが30までダイエットした結果、精子DNAのダメージ度合いを示すDFIの平均値が有意に低下したという結果が出ています。
肥満気味の方はダイエットをするだけで、妊活が成功する確率が上がるのです。

最後に

不妊治療はどちらか一方だけが頑張れば良いというものではありません。
女性不妊であっても男性不妊であっても、夫婦で取り組むべき問題です。
しっかりと2人で話し合い、夫婦一緒に取り組んでいってくださいね!

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

あなたと国産オーガニックをつなぐ架け橋に─
仕事や育児など日々のストレス、 ライフスタイルの変化などでちょっぴり疲れた方へ。
心と体に良い国産オーガニックでほっと一息ついてほしい。
You&Organicでは、ホッと安心できる情報やひとりで抱え込んでいる悩みごとの解決を手伝える以下の内容をお届けします。
ABOUT